消化器内科

院内ツアー ドクターランドの充実した設備を皆様へ

消化器内科について

消化器内科では、食道、胃腸の病気、胆嚢・胆管・膵臓の病気に対して専門的な診断・治療を行います。


  • 胃の痛み
  • 下痢
  • 腹痛
  • 吐き気

など消化器に関するお悩みをお持ちの際は、ドクターランド幕張にご相談下さい。


【消化器内科における主な疾患一覧】

食道 食道炎、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道がん
ピロリ菌、急性胃潰瘍・慢性胃潰瘍、急性胃炎・慢性胃炎、機能性胃症、胃ポリープ、胃がん
十二指腸 十二指腸潰瘍
肝臓 脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝疾患
小腸・大腸 小腸潰瘍、吸収不良症候群、過敏性大腸症候群(便秘、下痢)、虚血性腸炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎、クローン病、大腸がん
胆嚢 胆石症、ポリープ
膵臓 膵炎


胃カメラ検査について

当院では胃カメラによる食道・胃の内視鏡検査(胃カメラ)を行います。
鼻や口からとても細いカメラ挿入し、食道や胃の様子を画面に映し出して検査を行います。ドクターランドでは今までの経験を生かし、丁寧でやさしい胃カメラ検査を行っております。

胃カメラでわかる疾患は以下の内容です。

  • 胃がん
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 十二指腸がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎

※当院ではお車でご来院される方が多い為、無麻酔下のみの検査を行っております。


ピロリ菌の検査・治療について

ピロリ菌の正式名は「ヘリコバクター・ピロリ」とよばれ胃の中に寄生する細菌のことです。
ピロリ菌は胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和することにより、自分の身の周りの酸を和らげて生きています。ピロリ菌が胃の中に多くいると胃壁の粘膜を減らしてしまい胃酸によって胃壁が傷ついてしまい、胃炎や消化性潰瘍を発症させる要因となります。
消化性潰瘍が必ず発症するわけではありません。


◆ ピロリ菌の感染経路

日本におけるピロリ菌の感染率は、60代以上方の60%以上が感染しているといわれています。
ピロリ菌の感染経路はまだはっきりとされていませんが、経口感染が主な経路と考えられ、上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高いとされています。


◆ このような症状の際には、ピロリ菌検査をおすすめします。

  • 胃や十二指腸潰瘍の経験がある・再発をくりかえす方
  • 消化性潰瘍と診断されたことのある方
  • 家系にて「胃がん」を患った人がおり心配な方
  • 胃の具合がいつも悪い方

◆ ピロリ菌の検査方法

◎ 呼気で行う検査法

診断薬を服用し、服用前後の呼気を集める最も精度の高い診断法です。
簡単に行える方法で、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判定検査に推奨されています。


◎ 血液検査法

採血にてピロリ菌抗体を測定します。


◎ 糞便検査法

糞便中に含まれるピロリ菌抗原を測定します。


◎ 内視鏡検査法

胃炎や潰瘍などの病気があるかどうかを直接胃カメラにて観察して調べますが、それと同時にご希望により、胃粘膜を少し採取しそれを使って検査する方法です。