呼吸器内科

院内ツアー ドクターランドの充実した設備を皆様へ

呼吸器内科について

呼吸器内科では、気管支、肺、胸膜(肋膜)、呼吸の病気や異常に関して専門的な診療を行います。


呼吸器内科の疾患としては、風邪や急性・慢性の気管支炎、気管支喘息、肺炎、咳、痰、血痰、息切れ、喘息、胸痛、肺癌、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患COPD)、肺線維症、アレルギー性疾患などがあります。


ドクターランド幕張では、肺がん検診も行っております。


呼吸器内科のよくある病気

◆ 気管支炎

気管支炎には、急性(気管支の粘膜に急性の炎症が起こる)と慢性があり、咳、鼻づまり、くしゃみ、タン、息切れ等の症状があります。気管支炎の原因の多くはウィルスや喫煙によるものです。


◆ 気管支喘息

気管支がアレルギーなどで過敏になり炎症を起こし、何らかの刺激によって腫れたり痰がでて、狭くなり呼吸が苦しくなる慢性の病気です。発作的に息苦しくなり「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴が特徴です。 また慢性的な咳、痰だけが続く人や、あまり自覚症状が出ない人、激しい発作が出るなど人等様々です。
チェンジ喘息(アステラス製薬㈱、アストラゼネカ㈱提供)


◆ 肺炎

肺に炎症が起こる病気で、種類は多く感染源を吸い込んで発病してしまう細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎等の感染性の肺炎、薬剤性肺炎、アレルギー性肺炎などの非感染性の肺炎があります。


MRIによる検査について

ドクターランド幕張はMRIを導入しております。

MRIは、磁場を利用し人体の断面を正確に画像化することができる検査機器です。
呼吸器疾患(肺がん、肺炎、肺線維症(間質性肺炎)、慢性閉塞性肺疾患(タバコ病))、
メタボリック検診(内臓脂肪などの測定)、脳神経外科疾患(頭痛、めまいなどの諸症状)

などを精密に検査することが可能です。詳しくは「人間ドック・脳ドック・肺がん検診ドック」ページをご覧下さい。


人間ドック・脳ドック・肺がん検診ドック